英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。

art1-2英語:16 Wasei-eigo words to watch out for

There are plenty of words commonly used in Japanese that were “borrowed” from English and transvocalized into katakana. Some people have experienced that by using these katakana words, you can somewhat get the point across to English speakers, even if you do not speak English. However, there is a big pitfall here that needs to be avoided : “Wasei-eigo” or Japanese English words – English words that were developed by Japan’s own interpretation, sometimes diverging far from its original intended meaning.

The following video of a native English speaker being introduced to 16 of these wasei-eigo words, has become a hot topic.

It was also shocking for the Japanese people watching this video to find out that some words that they thought were English, are in fact Wasei-eigo.

So without further ado, let’s check the video out!

The video is starring Hannah, a musician from England who is completely fluent in Japanese. Hannah will present the 16 popular Wasei-eigo words to her brother, David, who does not know Japanese, and get him to guess what that word means.

Hana-san presented the 16 words, such as: winker (ウィンカー), service (サービス), skinship (スキンシップ), one piece (ワンピース), jet coaster (ジェットコースター), mansion (マンション), etc.

What do you think those words mean for native English speakers?
I want you to check out the video for more details, but it’s enough to say that “Really?!”, “Huh?”, and “Amazing!!”, were some of the words that David said after he found out what those words mean to Japanese people.

On the other hand, Japanese people may be surprised that the words they have long believed to be English, were in fact Wasei-eigo. There is a surprisingly big amount of Wasei-eigo words out there and using them unwittingly may lead to big misunderstandings. With the Tokyo Olympics coming up on 2020, it may be a good idea to brush up on this.

日本語:これってネイティブに通じないの!? 和製英語を外国人が聞いたらこうなるという動画

多くの英語がカタカナに直されて、日本語の中で使われている。英語が話せなくても知っているカタカナ英語で何とか通じたという経験を持つ人もいるだろう。しかし、ここには大きな落とし穴がある。「和製英語」だ。英単語が日本独自の解釈で発展! もとの意味からかけ離れたものになってしまっているのだ。

そんな和製英語16個を日本語がわからないネイティブにぶつけた動画が話題になっている。ネイティブの反応を見られるとともに、「これって和製英語だったの!?」と、逆にビックリ! さっそく、動画「Japanese English 【和製英語】」で確認だ!

動画に出演しているのは日本語ペラペラのイギリス人ミュージシャンのハナさんだ。ハナさんは、日本語がわからない兄のデイビットさんに、日本ではポピュラーな和製英語を出題! デイビットさんに日本ではどんな意味かを当てさせようというのである。

ハナさんが出題したのは、ウインカー、サービス、スキンシップ、ワンピース、ジェットコースター、マンション……などなど16個だ。

この単語をネイティブが聞くとどんな意味だと思うのか? 詳しくは動画で確認してほしいが、日本語での意味を知ったデイビットさんは「マジで!!」、「はぁ!?」、「アメイジング!!!!」と、驚きっぱなしである。

逆に日本人から見ると「これって和製英語だったの!?」という新発見もあるだろう。それにしても、和製英語って意外と多いんだなぁ……知らずに使うと大変な勘違いをされてしまうかも……。2020年の東京オリンピックに向けて、少しは復習しておいた方がいいかもしれない!?

原文のリンク≫