英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。

art1-2英語:9 Ways Students Can Use Social Media to Boost Their Careers

If you are a member of the Generation X or older, you likely use social media to cut it in the real world. You may also use social networks for personal reasons, but it’s always with the understanding that you are a professional.

In contrast, newer generations of college graduates began their social media experience as a very personal one and the shift to using social media for career development may seem optional. However, it is a necessary evil and can even be beneficial to your future.

Here are a few things students should consider when starting to use social media professionally.

1. It is Not the Same
Using social media for professional purposes does not mean you have to give up sharing personal experiences and casual conversations. In fact, it makes a person come across as more genuine and more approachable. However, refining your language, highlighting content and information that is more career-focused, as well as connecting with more people outside your immediate group of friends shows that you are interested in more than just personal communication.

2. Power in Connections
Social networks offer endless ways to connect with a wide-range of people with little effort and to organize those connections — through lists, circles or groups — so you can use them more effectively.
Build each network to create relationships that can be nurtured through interaction and conversation. By cultivating and organizing the network you create, you will be more able to react effectively to professional opportunities.

3. It Can Help You Find a Job
Nearly every social networking site posts loads of job opportunities. Less obvious, but perhaps more effective, is the ability to connect directly to the brands you’d love to work for, as well as the people behind those brands. Keep your eyes peeled for job postings and take some time to engage with these brands and people.

4. Learning Is Still Good for You
By interacting with professionals, industry media outlets and experts in your desired field of work, you will be able to deepen your own level of knowledge of that field and stay on top of trends and current issues. It’s an excellent supplement to your in-class work and good preparation for the continuing learning you’ll need to do when you graduate.

5. You Can’t Hide Behind the Curtain
The speed and virtual aspect of social networks can tempt people to act less than professional. For instance, some people believe harsher or more sarcastic interactions are acceptable on social media because they should be able to speak freely and openly.

No matter your stance, disrespectful interactions with others (strangers or colleagues) is a huge no-no. If you wouldn’t say something to a person face-to-face, it probably means it is not appropriate for social media either. The same social norms apply whether online or offline, and the same level of respect is expected on these channels.

6. It’s Not Just About You
Constant self-promotion is almost always frowned upon in social media. Keep most of your posts to conversation, third-party content, general comments and questions, and keep the sales pitches at a minimum. David Armano, EVP of global innovation and integration, discusses the overuse of the #humblebrag hashtag. You get the point.
Instead, think about what types of content will give your audience the most value, especially when it also suggests you’re open to educating yourself on a wide-range of ideas.

7. Strut Your Stuff
Social networking is a fantastic way to showcase your knowledge on your field of interest. Using many of the tactics suggested above shows you’re paying attention to your target industry and demonstrating a certain level of critical analysis.
By tweeting relevant articles, or commenting on industry trends on a personal blog, you can show your own level of interest and personal development outside of classwork and internships.

8. You Will Get the Once-over
Employers, future colleagues, industry leaders and other professionals do look at your social media activities. That being said, it is a great opportunity to show your interpersonal skills and your own level of knowledge and interest in the field. College students sometimes get a bad rap, but by engaging with professionals, you can demonstrate your skill set and level of maturity.

9. What You Do Now Will Pay Off Later
Much like searching for a job, if you start curating your social media presence after you graduate, you are already behind. By thinking about how to use social media professionally while you’re still in school, you can position yourself as forward-thinking, forge stronger industry connections and strengthen your on-paper credentials, making you a much more attractive candidate to your future employers.

What other tips do you have for students to improve their professional social media presence? What can they work on and where do they excel?

原文のリンク≫

日本語:大学生がソーシャルメディアで就職を成功させる法9選

もしあなたが、ジェネレーションX(訳注:1960~1974年生まれ)か、それ以前の生まれなら、実社会でうまくやっていくためにソーシャルメディアを活用しているだろう。もちろん個人的な理由で使うこともあるが、常に仕事のことを意識して使っているはずだ。

だが大学を卒業したばかりの新世代は、ソーシャルメディアを個人的なものとして使い始めた人たちだ。キャリア形成にソーシャルメディアを活用することは選択肢の一つでしかない。しかし、ソーシャルメディアは必要悪にもなり得るし、自分の将来に極めて有益なツールにもなり得るのだ。

学生が就職にソーシャルメディアを使い始めるとき、考えなければいけない注意点をいくつか上げてみたい。

1. 仕事とプライベートで、使い方は変わる

仕事にソーシャルメディアを使うからといって、ソーシャルメディアでの自分の体験や普段の会話をあきらめるべきだというわけではない。実のところ、ソーシャルメディアは、人をよりありのままに、そして、連絡をとりやすくしてくれる。言葉使いを改善し、これまでの経歴に焦点を当てた情報を強調し、身近な友人以外の人と連絡したり会話したりすれば、個人的なやりとりに終始していたとき以上に興味深い体験ができるだろう。

2. つながりの力
ソーシャルネットワークは、あまり労力を使わなくても多岐にわたる人々と出会い、リスト、サークル、グループを通じて、人脈をオーガナイズできる手段を提供する。あなたなら、もっと有効活用できるはずだ。人と交わり、話をすることから生まれる関係を築き上げ、自分のネットワークを作り上げよう。そのネットワークを育てていけば、就職活動にチャンスがある際には、より効率よく行動できるだろう。

3. ソーシャルメディアは仕事探しに役立つ
ほとんどのソーシャルメディアのサイトにはたくさんの求人広告が掲載されている。あまり知られていないが、ソーシャルメディアが役に立つのは、働きたいと思う企業の背後に居る人のみならず、その企業に直接連絡が取れることだ。求人広告には常に注意しておき、時間を取って企業や担当者とつながりを持ちましよう。

4. 学び続けることは、なお重要である
就職を希望する分野のプロフェッショナル、業界のメディア関係者や専門家と対話することで、その分野の知識を深め、トレンドや現在の問題点に詳しくなれる。こうした活動を続ければ、授業で与えられる課題や、卒業後に求められる学び続ける心構えにも、大いに役に立つことだろう。

5. カーテンの後ろに隠れることはできない
ソーシャルネットワークのスピードと仮想的な側面は、人々をプロフェッショナルとして行動させなくしがちだ。例えば、より自由で開かれた発言がなされるべき、とする意見もあるから、ソーシャルメディアでは厳しい意見や皮肉が受け入れられやすい。

あなたのスタンスに関わらず、相手(それが全くの他人であれ同僚であれ)との失礼な会話は絶対に避けるべきだ。対面でその人に言わないことは、ソーシャルメディアにおいても言ってはならない。オンラインでもオフラインでも、このソーシャルメディアのルールを守り、尊敬の姿勢をもって人と接するべきだ。

6. 自分よがりにならないこと
ソーシャルメディアでは、自分を宣伝し続けることは、だいたいの場合、いやがられる。自分の投稿は対話的な記事、第三者のコンテンツ、一般的なコメントや質問などにおさえ、セールス宣伝は必要最低限に留めよう。マーケティング会社 Edelman で、グローバルイノベーション&インテグレーション担当の上級副社長を務める David Armano氏は、#humblebragのハッシュタグが濫用されていることを指摘している。この話がわかってもらえるだろうか。(訳注:自虐風自慢 humblebrag は、「humble(謙遜)」と「brag(自慢)」の合成語。特に、セレブらのツイッター上での謙遜する風潮を意味する。)
そのようなことはせず、特に自分が広範なアイデアを学ぶ姿勢をまわりに示しているときは、どのようなコンテンツが自分のフォロワーにとって有益かを考えるとよいだろう。

7. 自分をアピールする
ソーシャルネットワークは、興味ある分野の知識を披露するのに打ってつけの方法だ。今までに述べたような戦略を使うことで、ターゲットの業界に興味があることをアピールできるし、ある程度のレベルの批評を披露することも可能だ。
関連する記事をツイッターでつぶやいたり、個人のブログで業界のトレンドについてコメントしたりすることで、自分の関心の程度を披露したり、授業やインターンシップ以外で得られた成果をアピールすることができるのだ。

8. あなたは見られている
雇用者、同僚となり得る人々、業界人、プロフェッショナルらは、あなたのソーシャルメディア上での活動に注目している。とは言え、ソーシャルメディアは、就職を希望する分野の知識や関心を披露するだけでなく、対人関係を築くスキルを見せるのにも好都合だ。大学生は時にひどく非難されることもあるだろうが、プロフェッショナルと繋がっていくことで、自分のスキルセットや成熟度を示すこともできるだろう。

9. 今すべきことは、後に成果を出せるようにすること
仕事探しと同じように、卒業後ソーシャルメディアで活動を始めたのでは、既に遅れをとっている。まだ学校に通っているうちから、ソーシャルメディアを仕事にどう生かすか考えておくことで、計画性のある人だと評価されるし、企業と強いつながりを構築でき、履歴書の説得力を高めることができる。未来の雇用主に対して、あなたは、はるかに魅力的な採用候補者となれるのだ。

学生が就職のために、ソーシャルメディア上での存在を改善するために、他にはどんなヒントがあるだろうか。どんなことに取り組み、どんな場面で役立てられるだろうか。

原文のリンク≫