英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。


art1-2

英語:littleBits And NASA Bring Space Down To Earth With New ‘Space Kit’

There is nothing more appealing to a nerd than space. Decades of television, the buzz around the Mars Rover landing and Elon Musk can attest to that. This is probably why modular integrated circuits startup littleBits has partnered up with NASA to create the littleBits “Space Kit.” The kit will cost $189.

littleBits is hard to wrap your head around if you don’t actually have the product in hand. However, once you do, the mix-and-match modules can be inspiring. Teaching average people more about electrical engineering than anything else in their purview. Lesson one: You always need Power (blue) and Output (green) in order to create a minimum viable electronic circuit.

“If you think of a littleBits module as a brick – essentially a building block from which you can make anything – then you could say that Lego is the closest comparison of an infinitely extensible library,” says founder Ayah Bdeir, who recently spoke at TED. “Of course we’ve added another dimension entirely to our bricks by building the power of electronics into them.”

While she would not share revenue numbers, Bdeir told me that the “21st century brick” startup has sold “hundreds of thousands of units” in over 70 countries, in 2000 schools and has “trillions of billions of combinations” possible in its open source library.

littleBits, which formally launched its product in 2011, has raised $15.6 million from True Ventures, Khosla Ventures, Foundry Group, Joi Ito, Nicholas Negroponte, Joanne Wilson and more. Previous littleBits kits have been music and lighting oriented.

NASA approached littleBits in 2012, with the aim of educating more people about space travel. The collaboration’s specific purpose is to promote interest in STEM education, making robotics, energy and wireless data transmission easily accessible to people who didn’t get a degree in engineering.

Each Space Kit comes with 12 magnetic modules, including a numbers module, remote trigger and infrared LED sensor. The kit also comes with a booklet of circuit applications written by scientists at NASA, instructions on how to build your own wave generator, star chart, satellite orbit and model Mars Rover.

“We get A LOT of partnership requests but we picked NASA because space is critical, and massively important to every single person in the universe, and to society in general,” Bdeir writes, “But only so many of us understand what all these discoveries mean, and how they relate to us.”

The company plans to keep up the NASA relationship (you never know when that might come in handy!) and is organizing a series of hackathons and workshops around the kits, again hoping to get more people revved up about science and technology.

If someone had given one of these to me when I was seven, I probably would have become my dad.

原文のリンク≫

日本語:電子版レゴブロックのlittleBitsとNASAが連携。宇宙を身近にする「Space Kit」を発売

「宇宙」ほど人々の興味を惹きつける存在が他にあるだろうか。テレビ時代の現在にあって、マーズ・ローバーの活躍やElon Muskの発言などは誰もがよく知っている。そのような時代背景もあって、モジュール組み立て式電子玩具を提供するlittleBitsがNASAと協力することになったのだろう。両者の提携により生み出されたのはlittleBitのSpace Kitだ。価格は189ドルとなっている。

実際に手に入れるまで、littleBitsで何ができるかを理解するのは難しいかもしれない。しかしいったん手に入れれば、組み立て式キットであるlittleBitsのの自由さや拡張性の高さに、きっと夢中になるに違いない。これほど効果的に電子工作の楽しさを教えてくれるものに出会ったことはないと言っても良いほどだ。モジュールは機能毎に色分けされていて、何をどのように繋げば良いのかを直感的に理解することもできる。

「littleBitsの各モジュールはブロック状になっていて、これを組み合わせてさまざまなものを作り出ことができます。さまざまなブロックを組み合わせて、無限の変化を楽しむことができるという意味では、レゴと同様のものだと言うことができます」と、最近TEDでも話をしたファウンダーのAyah Bdeirは述べている。「ただし、ただ組み立てて形を作るのではなく、そこにエレクトロニクスを加えて、“機能する”ものを作り上げたのです」。

売上額などについて詳細なデータはもらえなかったが、この「21世紀のブロック型おもちゃ」は「70ヵ国、2000を超える教育機関などに対して、数十万台を売り上げています」とのこと。オープンソースライブラリーを活用して、「無限の組み合わせが可能なのです」とのことだった。

littleBitsが公式にリリースされたのは2011年のことだった。これまでにTrue Ventures、Khosla Ventures、Foundry Group、伊藤穰一、ニコラス・ネグロポンテ、Joanne Wilsonなどから1560万ドルの資金を調達している。元々は音と光を組み合わせて遊ぶツールだった。

そんなlittleBitsにNASAがアプローチしたのは2012年のことだ。宇宙開発について、より多くの人に知ってもらうきっかけを探してのことだった。技術系の学位取得を目標としない人にもロボットやエネルギー、あるいは通信設備などについての基礎的な理解をしてもらおうという、全米的な動きの一環であったわけだ。

littleBitsには「SPACE KIT」、「SYNTH KIT」や「BASE KIT」ないし「DELUXE KIT」などがあり、磁石接続式のモジュールがいくつか入っている。モジュールは「power」、「input」、「wire」、そして「output」の4種類に大別され、そのそれぞれにいろいろなモジュールが用意されている。たとえば「wire」には「double AND」や「double OR」がのモジュールがある。「output」には「fan」、「ブザー」などのモジュールが用意されている。さらに「SPACE KIT」にはNASAの科学者が記したサンプル回路についての説明書も同梱されている。サンプルにはたとえばオリジナルのウェイブ・ジェネレーター、スターチャート、人工衛星軌道計算ツール、マーズ・ローバー模型などの作り方が記載されている。

「他にもいろいろなところからパートナーシップの申し入れがありました。しかし、人間の本質にも関係のある宇宙をテーマにするNASAと組むことにしたのです。多くの人が宇宙に興味を持っています」とBdeirは言っている。「宇宙への興味を、より具体的に理解して、宇宙的な発見と私たちの日常の間の架け橋となりたいと考えたのです」とのこと。

これからもNASAとの協力関係を深めていく予定だとのこと(来るべき宇宙旅行時代に備えるのだ)。ハッカソンやワークショップもあちこちで開催していく予定にしており、より多くの人に科学技術の面白さを感じて欲しいと願っているとのことだ。

個人的には、ぜひとも7歳のときにこれが欲しかった。これを手にしていたら、きっと父と同じような道を歩むことができたと思うのだ。

原文のリンク≫