英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“New Danish Supermarket Sells The Things Nobody Else Wants”

Other stores toss food that’s perfectly safe to consume. WeFood sells it at a discount.

A new supermarket that opened in Copenhagen, Denmark this week sells the products other stores don’t want.

WeFood sells food, cosmetics and household items that other stores had rejected — either because they neared their expiration dates, had been wrongly labeled or had damaged packaging — but are still legal to sell and safe to consume. The store’s goods are priced 30 to 50 percent lower than those in regular supermarkets, according to WeFood.

WeFood is a joint project from Fødevarebanken, or “The Food Bank,” a Danish nonprofit that distributes surplus produce to homeless shelters, and DanChurchAid, a religious charity that works to eradicate poverty, HIV/AIDS and hunger. All of the store’s proceeds will go to DanChurchAid’s work in developing nations like South Sudan and Bangladesh, said Nikolaj Søndergaard, a spokesman for DanChurchAid.

Søndergaard said the store has already been a huge success. People have lined up before the store’s opening every morning since its launch on Monday, he told The WorldPost.

Danish Food and Environment Minister Eva Kjer Hansen, who attended the Monday opening, also applauded its efforts fighting the “ridiculous” amount of food waste in Denmark. Denmark throws away about 700,000 tons of food every year, according to several estimates.

Food waste is a major problem for the whole world.

Some 795 million people are undernourished globally, according to the World Food Program. Yet about a third of all food produced in the world — some 1.3 billion tons — is lost or wasted each year, according to the United Nations. The cost of global food wastage is about $1 trillion dollars a year, the U.N. says.

Wasting food also contributes to climate change. Producing, distributing, consuming and disposing of food uses significant amounts of energy and water. In the United States, food production, distribution and disposal account for over 40 percent of greenhouse gas emissions, according to the U.S. Environmental Protection Agency. Food that goes unconsumed each year releases an estimated 3.3 billion tons of greenhouse gases into the atmosphere, according to U.N. statistics for 2013.

In some countries, food waste is partly due to misconceptions about what expiration dates mean. In the United States, for example, the dates printed on food products typically help stores decide how long to put the product on sale or tell buyers the product’s peak time of consumption, the Agriculture Department says. The dates are not usually a definitive indicator of when food goes bad.

Some European companies and countries are taking positive steps to battle food waste.

Last year, British retailer Marks & Spencer pledged to donate food that is to expire soon to people in need, with an aim to reduce its own food waste by 20 percent by 2020. France also passed a law earlier this month that banned large food vendors from disposing or destroying food nearing its expiration date.

In Denmark, if WeFood’s popularity continues and it’s able to maintain its food deliveries, Søndergaard said the store plans to open branches across the country.

© TheHuffingtonPost.com, Inc.

原文を読む≫

日本語:”「誰も欲しくないもの」を売るスーパーマーケットがデンマークで大人気”

 他のお店が欲しくない商品を販売するスーパーマーケットが、デンマークのコペンハーゲンにオープンした。

そのお店「ウィー・フード(WeFood)」は、賞味期限が近い、ラベルが間違っている、包装に傷や汚れが付いていたという理由で他のお店が取り扱わない商品を売る。店頭に並ぶのは、合法かつ安全に消費できる食品や化粧品、家庭用品だ。価格は普通のスーパーよりも30〜50%安いという。

ウィー・フードは、ホームレス支援施設に余った農産物を配るNPO「フードバンク」と、貧困・エイズ・飢餓の撲滅に取り組む慈善団体「ダン・チャーチ・エイド」との共同事業だ。ダン・チャーチ・エイドの広報担当ニコライ・ソンダーガード氏によると、全ての利益は同団体の発展途上国での活動に充てられる。

オープンしたのは2月22日だが、お店は既に成功しているようだ。オープンして以来、開店前に行列ができているとソンダーガード氏はハフポストUS版に話した。

22日の開店セレモニーには、デンマークの環境・食糧大臣エヴァ・ケアー・ハンセン氏も出席し、大量の食品廃棄物を減らす同店の取り組みを称賛した。調査によると、デンマークでは毎年約70万トンの食品が廃棄されている。

食品廃棄は、世界中で問題になっている。

国連の世界食糧計画によると、世界中で約7億9500万人が栄養不足に苦しんでいる。しかし、世界で生産される全食品の約3分の1にあたる約13億トンが、毎年無駄にされたり廃棄されたりしている。食品の廃棄には年間約1兆ドル(約113兆円)かかっていると国連は述べている。

食品廃棄は、気候変動の一因にもなっている。食品の生産、流通、消費、廃棄には大量のエネルギーと水が必要だ。アメリカでは排出される温室効果ガスの40%以上を、食品の生産、流通、廃棄が占めている、とアメリカ環境保護庁は発表している。また、国連の2013年の統計によると、消費されなかった食品が大気中に排出する温室効果ガスは、毎年33億トンにものぼる。

地球にダメージを与えている食料廃棄を減らずべく、ヨーロッパでは一部の国や企業が食品廃棄を減らす取り組みを始めている。

イギリスの小売業者「マークス&スペンサー」は2015年、賞味期限が近い食品を食べ物を必要としている人たちに寄付すると発表した。同店は、2020年までに食品廃棄物を20%削減することを目標としている。

またフランスでは、大手食料品店が賞味期限が近付いた食品を処分または廃棄することを禁じる法案が2015年5月に可決され、2016年2月から実施され始めた。

ウィー・フードは人気が続いて納品を維持できる見通しが立てば、全国に支店を開く計画だ。

©The Huffington Post Japan

原文を読む≫