英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。

 

art-1300-curry英語:We try curry made only from ingredients used 1,300 years ago

What comes to mind when you think of popular Japanese dishes? Of course, sushi and ramen top the list, but it’s also hard to leave out curry rice. Our modern notion of Japanese curry, which originally came from India and was further developed in England, came to Japan during the Meiji Era (1868-1912). However, the ingredients used for “medicinal curry” (based on Chinese medicine) have actually been in Japan for 1,300 years, since the Nara Era (710-794). We were lucky enough to find a pouch of instant “1,300-year-old curry” and just had to try it!

・1,300-year-old curry made from ingredients used during the Nara Era

This ready-made curry is sold for 680 yen (US$6.61) per box. It may seem a bit expensive for curry in a sealed plastic pouch, but it’s worth the price for being such a unique curry made using only ingredients that existed in Japan 1,300 years ago. The main ingredients are eggplant, taro, daikon, lotus root, shiitake mushrooms, garlic, ginger, sake lees, millet mochi, vegetable oil, miso, honey, spices, sesame seeds, black pepper, Japanese pepper (sansho), and cardamom.

Pretty cool, right? It’s amazing to think that all of these ingredients already existed in Japan by the Nara Era. We were surprised to see cardamom and black pepper on the list. While it’s true that some spices like cloves were brought by monks and envoys and stored in public storehouses, isn’t it strange nonetheless? By the way, there is no meat in this curry.

・It definitely tastes like curry!

Potatoes, onions, carrots, and other chief ingredients found in the so-called modern Japanese curry are not included at all. It really seems to be legitimate curry made using only ingredients that existed 1,300 years ago.

Without any meat, we were worried that it wouldn’t have enough flavor or body. But our worries were soon unfounded after trying it. The flavor comes mainly from the eggplant and shiitake mushrooms, and the sake lees, millet mochi, miso, sesame paste, etc. all add a subtleness to the sauce.

Furthermore, the scent of cardamom pierces your nostrils, and gives off an “I’m telling you that this is curry!” sort of vibe. It’s definitely curry! Just not the usual kind we’re accustomed to.

・Almost like fine quality pork! Satisfying with only syrupy daikon and no meat

All of the ingredients are tasty, but the daikon is worthy of special mention. It’s so thick and syrupy you would never guess it’s daikon! It’s not too bitter or strong, and blends very well with the curry. The flavor is almost as if you were eating fine quality pork bordering between lean and fatty meat.

Even though there’s no meat, it’s not lacking in anything. Rather, it makes you think that all curry could be good if it were made with only daikon.

・Warms your body even though it’s not spicy
As you can probably guess from the ingredient list, while 1,300-year-old curry tastes like how curry should taste, it’s not spicy. However, you do warm up from the inside after eating it. Yup, that’s definitely curry for you. It’s the food that is said to be made by Buddha himself by combining lots of spices.

原文のリンク≫

日本語:マジかよ! 1300年前の日本にはすでにカレーの材料が伝来していた!? 当時の食材だけで作った「1300年カレー」を食べてみた

日本の国民食と言えば! お寿司やラーメンも捨てがたいが、やはりカレーライスは外せない。日本にカレーの調理法が紹介されたのは、1872年(明治5年)のことだと言われている。

確かにインド料理を元にイギリスで発展した「カレー」が日本に入ってきたのは明治のことだ。しかし!! 本来の「薬膳料理」としてのカレーの材料は、いまから1300年前の奈良時代にすでに日本に存在していたという。その奈良時代の素材で作った「1300年カレー」を食べてみた。

・奈良時代の素材で作られた「1300年カレー」
「1300年カレー」は、1箱680円で販売されているレトルトカレーだ。レトルトにしてはちょっとお高い気もするが、いまから約1300年前の奈良時代(710~794年)に存在した素材だけで作られたという一風変わったカレーである。気になる原材料は以下のとおりだ。

「なす、里芋、大根、レンコン、しいたけ、ニンニク、生姜、酒粕、もち粟、植物油脂、味噌、ねりゴマ、蜂蜜、香辛料、ゴマ、黒コショウ、山椒、カルダモン」

ほおおお!! あくまで「奈良時代にカレーがあったら」というコンセプトで作られた創作カレーだというが、これだけの材料が奈良時代にはすでに存在していたのか! カルダモンや黒コショウが入っているとは、意外である。確かに正倉院にはスパイスの一種「クローブ(丁子)」の標本が収められているというし、僧侶や遣唐使によりもたらされていても不思議ではないだろう。ちなみに、肉は入っていない。

・確かにカレーの味!
このカレーには、肉や魚介類だけでなく、ジャガイモタマネギ、ニンジンなど、いわゆる現代カレーの主役たちは一切入っていない。あくまで1300年前に存在した材料にこだわっているようだ。
それなら「ウマミやコクが足りないのでは?」と心配になってしまうが、食べてみてそんな心配は無用だったことがわかった! ウマミ成分はナスやしいたけから、また酒粕やもち粟、味噌、ねりゴマ等が落ち着いたコクをかもしている。

さらにカルダモンの香りが鼻孔をつきぬけ、「ゆうとくけどうちは“カレー”やで」とカレーの存在感を主張している。確かにカレーだ!! いつもの具じゃないけど、確かにカレーである。

・まるで上質の豚肉みたい!!  トロットロの大根で肉なしでも満足
どの具材も美味しいのだが、特筆すべきは大根である。大根とわからないくらいにトロットロ! エグミもなくしつこくない甘さがカレーと一緒になってやってくる。たとえるなら「上質の豚肉の赤身と脂身の境目の味」である。

肉が入っていないからと言って、物足りないなんてことはない。むしろ「もうカレーには大根でいいのでは?」と思うくらいだ。

・辛くないのに体がポカポカ
原材料から想像できるように、「1300年カレー」は確かにカレーの味こそするが、全く辛くない。だが、食べたあと体の中からポカポカと温まってくる。むむむ、さすがはカレー。「お釈迦様がスパイスをあわせて作ったのが始まり」という伝説がある料理である。
原文のリンク≫