Project Description

スピードプラクティス指導法の特性として、実践的な英語力を高めると同時に文法力も身につけます。グループでの講師と生徒又は生徒同士によるマンツーマンやペアワークをリズミカルに行います。様々なレベルの生徒の英語学習意欲の向上に大変有効的な学習法です。

Speed Practice Method とは

 アクティブ・グラマー・ティーチングとコンテクスチュアル・アプリケーションにつながる、スピードプラクティス・アプローチは、生徒が熟練レベルに到達するために必要な文章構成・パターンを取り入れる、より早く、効果的な指導方法です。
スピード・プラクティス指導法を応用することにより、生徒は通常は理解しにくく、四苦八苦しがちな文脈を持つ文章においても、迅速に学習の習得と理解を行えるようになっていきます。又これら文章を繋げ、記憶し、他の文章とリンクさせることにより、生徒が文章を聞き分け、理解し、反応し、コミュニケーションが出来るような言語知識を向上させていきます。

speedpractice

Speed Practice Method の利点

  • 授業中の適切な緊張感を持ちながら、生徒を常に能動的にさせる
  • 会話の自然なリズムと早い応答による、リスニングとスピーキング時間を増加
  • 限られた時間内で、難易度の高い英文法や英語構文などをマスター
  • 生徒に会話の始め方を教える
  • 講師及びクラスメートとのやり取りで、協調性や連帯感を早期に養成
  • 英語を話す自信を早期に育成
  • クラス内の様々なレベルの生徒への対応
  • 生徒のライティングスキルを向上させる
  • 通常の英語テストや大学入試で高得点が可
  • SEL (Social Emotional Learning)学習プログラムが目指す対人関係能力と自尊感情の育成