英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

wizworld

英語:“In English-Crazy China, 8D World Teaches Kids To Speak In Virtual Worlds; Lands A Deal With CCTV”

In China, learning spoken English is giving rise to a huge and growing market. For instance, in addition to English classes in public schools, parents send their children to about 50,000 for-profit training schools around the country, where English is the most popular subject. Instead of American Idol, on CCTV, the national government-owned TV network, they have the Star of Outlook English Talent Competition. This is possibly the largest nationwide competition in China. Last year, 400,000 students between the ages of 6 and 14 took part in it.

This year, the competition is adding a virtual twist, and a startup based in Massachusetts called 8D World is at the center of it. 8D World runs a virtual world called Wiz World Online for Chinese-speaking kids who want to learn English. In what is a huge coup for the startup, this year’s CCTV English competition will use Wiz World Online as its official training and competition platform. Wiz World will be used to screen contestants and will be promoted to millions of Chinese viewers.

Each player in Wiz World gets an avatar, but to get through the game and rack up points players need to pronounce words properly in English using a microphone. It is all software based, using speech recognition and pronunciation assessment software. The way Wiz World makes money is through subscriptions: about $20 a month or $160 a year, which is a lot in China, but less than the average $700 a year parents pay to send their kids to the training schools. 8D World also has partnerships with about 1,500 of those training school who resell Wiz World subscriptions and get a rev-share.

Students competing in the CCTV competition won’t have to pay a subscription fee in the competitions themselves, but if they want to train for the event using Wiz World they will need one. The company plans to expand its English-learning virtual world to other languages as well. Next up will be Korean, and after that it may go after Spanish, Portuguese, and Russian.

The company raised $7 million in March 2008 from Spark Capital and Gobi Partners.

TechCrunch © 2013-2016 AOL Inc.

原文を読む≫

日本語:”英会話ブームの中国で子ども向け仮想世界を売る8D World, 国営テレビが採用で大ラッキー!”

中国では今、英会話の学習が大きな市場になりつつある。全国に民間経営の英会話教室はおよそ5万あり、親は公立学校で英語の授業のある子どもたちをそういう教室に通わせている。英会話教室は、大都市だけでなく全国的に人気がある。国営テレビのCCTVには、American IdolはないけどStar of Outlook English Talent Competitionという番組があり、これはたぶん中国最大の全国的な英語力コンテストだ。昨年は6歳から14歳までの学童が40万人、この番組に出演した。

今年はこのコンペに仮想性を加えることになり、マサチュセッツ州の8D Worldがそのために起用された。8D Worldは、英語を勉強したい中国の子どもたちのためにWiz World Onlineという仮想世界を提供する。この無名のスタートアップの大抜擢によって今年のCCTVの英語コンテストは、教育訓練とコンペのための公式プラットホームとしてWiz World Onlineを使用することになった。各地方の予選段階でも使われるので、中国の何百万人もの視聴者に対して宣伝される。

プレーヤーは自分のアバターをもらい、マイクを使って言葉を正しく発音すると得点が上がる。音声認識や発音評価ソフトなどを使って、判定はすべてソフトウェアが行う。月額20ドルまたは年額160ドルという中国人にとっては高価と思われる有料会員制だが、しかし中国では年収700ドルに満たない親でも、子どもを英会話教室などに通わせている。また8D Worldはおよそ1500のそういう教室と提携してWiz Worldの会員アカウントを再販し、マージンを得ている。

CCTVのコンテストに参加する学童は、コンペそのものではWiz World Onlineの会費を払う必要がないが、事前に練習しようと思ったら自腹を切ることになる。この英語学習用の仮想世界は、今後ほかの言葉にも応用されるようだ。英語の次はたぶん韓国語、そのあとスペイン語、ポルトガル語、ロシア語となるだろう。

8D Worldは2008年3月にSpark CapitalとGobi Partnersから$7M(700万ドル)の資金を調達した。

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

TechCrunch © 2016 Copyright AOL Online Japan, Ltd.

原文を読む≫