Read 'em | BK・マック・ハックド

英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?
時々、日本語に訳した記事には失われる意味、ニュアンス、面白さがあります。
そこで、このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳を挙げ、
それに対する解釈をご紹介します。

英語:Burger King Twitter gets McHacked

Burger King’s management is just not having it their way lately. Two weeks after traces of horse meat were found in beef patties at a European Burger King (BKW) supplier, the burger chain’s Twitter account was hacked. Making matters worse, the yet-to-be-identified hackers made it appear as though Burger King was bought by McDonald’s (MCD, Fortune 500). “We just got sold to McDonalds! Look for […]

Read 'em | ラブ・イズ・イン・ザ・エア

英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?
時々、日本語に訳した記事には失われる意味、ニュアンス、面白さがあります。
そこで、このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳を挙げ、
それに対する解釈をご紹介します。

英語:Japanese husbands shout their love for wives in public

(Reuters) – Love was in the air in a Tokyo park as normally staid Japanese husbands gathered to scream out their feelings for their wives, promising gratitude and extra tight hugs. With modesty and reticence traditionally valued over outspokenness, expressing deeper feelings like love has long been hard in Japan. That’s why dozens of Japanese men gather once a year ahead of Jan […]

日本の中の不思議な英語表現|体のジュース

私たち日本人が外国へ訪れると、
街の中で不思議で不適切な日本語に出会うことがありませんか?
同じように、外国人(この場合、英語のネイティブスピーカー等)が、
日本で不思議な英語表現に出くわすこともあるでしょう。
そこで、このコーナーではそんな例を挙げ、それに対する訂正案をご紹介します。
今回は、あるフードコートにある英語文章です。
英語で以下の様に書いてあります。

Beautiful juice from the bodies.
(死)体から(作られた)きれいなジュース。

今回は文法/スペリングのミスじゃなくて、ニュアンスの使い分けのミスです。
そもそも「体の内からきれいなジュース」という文章が
「①体の内からきれいにさせるジュース」と
「②体の内から出てきたきれいなジュース」の二通りに解釈ができる文章です。
上の英訳が②の解釈になってしまいます。
英語ネイティブが下記の通り補正しました:
(Fruit/Vegetable) Juice to boost your beauty from within.

単語リスト:
boost:高める, 押し上げる, よくする
within: 内部

ご意見・ご感想・質問などがございましたら、下のコメント欄にお書き下さい。
画像:Ask about our organic bodies… | engrish.com
解説:渡邉健一 & Joel Henderson

日本の中の不思議な英語表現|使わないで下さい

ぷrぽせ私たち日本人が外国へ訪れると、
街の中で不思議で不適切な日本語に出会うことがありませんか?
同じように、外国人(この場合、英語のネイティブスピーカー等)が、
日本で不思議な英語表現に出くわすこともあるでしょう。
そこで、このコーナーではそんな例を挙げ、それに対する訂正案をご紹介します。
今回は、ボールペンのパッケージに書いてある英語文章です。
日本語と英語で以下の様に書いてあります。

次の文章に注目:
Please make upward the pen and avoid using.
ペンを上向きに作って下さい。そして使わないで下さい。
英語ネイティブが下記の通り補正しました:
Please keep out of reach of young children. Please avoid using  the pen with  the tip facing upward since it may cause ink leakage. Please do not use for purposes other than the intended purpose. When disposing, please follow the regulations from your local municipality.
ご意見・ご感想・質問などがございましたら、下のコメント欄にお書き下さい。
画像:engrish.com
解説:渡邉健一 & Joel Henderson

日本の中の不思議な英語表現|我々の楽しみを使って手伝えます。

私たち日本人が外国へ訪れると、
街の中で不思議で不適切な日本語に出会うことがありませんか?
同じように、外国人(この場合、英語のネイティブスピーカー等)が、
日本で不思議な英語表現に出くわすこともあるでしょう。
そこで、このコーナーではそんな例を挙げ、それに対する訂正案をご紹介します。
今回は、あるお電気屋さんの英語ポスターです。
英語で以下の様に書いてあります。

Any assistance? We can help you with our pleasure.
手伝いはありますか?私たちの楽しみを使って手伝うことが出来ます。
英語ネイティブが下記の通り補正しました:
Do you require any assistance? It would be our pleasure to help.

他の言い方もございます:
We would be glad to help.
単語リスト:
require:必要とする

ご意見・ご感想・質問などがございましたら、下のコメント欄にお書き下さい。
画像:Help with our Pleasure | engrish.com
解説:渡邉健一 & Joel Henderson

日本の中の不思議な英語表現|スポンジを使いなさい!

私たち日本人が外国へ訪れると、
街の中で不思議で不適切な日本語に出会うことがありませんか?
同じように、外国人(この場合、英語のネイティブスピーカー等)が、
日本で不思議な英語表現に出くわすこともあるでしょう。
そこで、このコーナーではそんな例を挙げ、それに対する訂正案をご紹介します。
今回は、体洗い用スポンジに書いてある英語文章です。
日本語と英語で以下の様に書いてあります。

この部分にご注目を;
You had better use this sponge with a soap or body shampoo. You should feel the satisfaction with refreshing stimulus and cleanliness.
このスポンジを石鹸又はボディーシャンプーと一緒に使いなさい。満足と爽快な刺激と清潔感を感じるはずです。

まず、body shampoo という言葉が和製英語です。ネイティブだと”body wash”または”(liquid) body soap”を使います。

そしてhad better~ は「~するのがよい」や「~しなさい」の意味がありますが、命令的なニュアンスが含まれていますので、目上の人に使うのを避けましょう。

アドバイスをする時に、主語をyouにすると軽い命令口調の感は免れませんから、ここは中立的に、非人称主語itを持ってくれば、そのニュアンスがなくなります。また英語で、「尊敬語」にあたる助動詞の婉曲表現を用いればいいのです。ここでは would be better または might be better を使えばいいでしょう。

例:It might be better to use this sponge with soap.

スポンジの袋に戻りますが、アドバイスをするつもりじゃなく、スポンジの使用方法についての説明ですので、「使って下さい」など、シンプルにしてもよいです。
英語ネイティブが下記の通り補正しました:
Disposable bath sponge. Please use this sponge with soap or body wash. Enjoy the satisfaction of having your skin thoroughly cleansed and refreshed.
ご意見・ご感想・質問などがございましたら、下のコメント欄にお書き下さい。
画像:engrish.com
[…]

日本の中の不思議な英語表現|憤慨している大人の味

私たち日本人が外国へ訪れると、
街の中で不思議で不適切な日本語に出会うことがありませんか?
同じように、外国人(この場合、英語のネイティブスピーカー等)が、
日本で不思議な英語表現に出くわすこともあるでしょう。
そこで、このコーナーではそんな例を挙げ、それに対する訂正案をご紹介します。
今回は、ある飲食店のメニューです。
英語で以下の様に書いてあります。

Crash cafe jelly of the taste of a bitter adult.
一人の憤慨している大人の味の衝突カフェジェリー。
英語ネイティブが下記の通り補正しました:
Premium crushed coffee jelly with a smooth and sophisticated bitter taste for adults.
単語リスト:
sophisticated:大人っぽい、洗練された

ご意見・ご感想・質問などがございましたら、下のコメント欄にお書き下さい。
画像:Served with Unfulfilled Dream, er Cream | engrish.com
解説:渡邉健一 & Joel Henderson

日本の中の不思議な英語表現|結論の専門店で食事

私たち日本人が外国へ訪れると、
街の中で不思議で不適切な日本語に出会うことがありませんか?
同じように、外国人(この場合、英語のネイティブスピーカー等)が、
日本で不思議な英語表現に出くわすこともあるでしょう。
そこで、このコーナーではそんな例を挙げ、それに対する訂正案をご紹介します。
今回は、ある飲食店のガラスです。
英語で以下の様に書いてあります。

Have a meal freely. Please spend pleasant time. A Japanese daily dish and Western daily, a Chinese daily dish, a Viking, the conclusion specialty store, and pizza sandwiches.
自由で食べ物を取って下さい。快適な時間無くして。一つの和風と洋風の日常料理、中華日常料理、とバイキング、結論専門店とピザサンドイッチ。

まず、バイキング→“Viking”を供食方式の意味で用いるのは完全な和製英語であり、日本以外ではハワイや韓国の一部など、日本人を対象とした限られた店でしか使われていない表現です。英語で “食べ放題のレストラン”を言いたい時に buffet-style restaurant / all-you-can-eat buffet を使って下さい。そして “conclusion” の意味は “結論”ですが、もしかしたら”お結び”を言いたかったんでしょうね。そんな時は “sushi”と同じく”O-musubi”、 ローマ字で書くか、”Japanese rice ball” で書けば良いと思います。

英語ネイティブが下記の通り補正しました:
Enjoy a pleasant meal with our wide variety of food. We offer Japanese, Western and Chinese cuisine. We also have an all-you-can-eat buffet, an o-musubi (Japanese […]

日本の中の不思議な英語表現|頭を踏まれないようご注意下さい

私たち日本人が外国へ訪れると、
街の中で不思議で不適切な日本語に出会うことがありませんか?
同じように、外国人(この場合、英語のネイティブスピーカー等)が、
日本で不思議な英語表現に出くわすこともあるでしょう。
そこで、このコーナーではそんな例を挙げ、それに対する訂正案をご紹介します。
今回は、階段にある注意看板です。
日本語と英語で以下の様に書いてあります。

Please be careful about a step in a head.
一つの頭に一歩踏むことに気をつけて下さい。
英語ネイティブが下記の通り補正しました:
Caution. Low ceiling. Please mind your head and watch your step.
単語リスト:
Caution:注意

ご意見・ご感想・質問などがございましたら、下のコメント欄にお書き下さい。
画像:Get up off the floor! | engrish.com
解説:渡邉健一 & Joel Henderson

日本の中の不思議な英語表現|"R"と"L" のミススペル集

私たち日本人が外国へ訪れると、 街の中で不思議で不適切な日本語に出会うことがありませんか? 同じように、外国人(この場合、英語のネイティブスピーカー等)が、 日本で不思議な英語表現に出くわすこともあるでしょう。 そこで、このコーナーではそんな例を挙げ、それに対する訂正案をご紹介します。 今回は、3つのミススペルを訂正します。

Fly (飛ぶ、ハエ) → Fry (フライ《料理》、揚げ物、揚げる)

Flog (《人を》むち打つ) → Frog (カエル)

Flesh (肉、果肉、肉体) → Fresh (新鮮な)
ご意見・ご感想・質問などがございましたら、下のコメント欄にお書き下さい。
画像:engrish.com
解説:渡邉健一 & Joel Henderson