英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“World’s Deepest Underwater Cave Discovered In The Czech Republic”

Explorers in the Czech Republic have discovered that a flooded limestone chasm in the eastern part of the country is the world’s deepest known underwater cave.

The cave, called Hranická Propast, is at least 404 meters (1,325 feet) deep. That’s about 12 meters (39 feet) deeper than the previous record-holder, a flooded sinkhole northeast of Rome called Pozzo del Merro.

The discovery came on Sept. 27, when a remotely operated vehicle (ROV) deployed by a Czech-Polish expedition plunged to the cave’s deepest regions and took a reading with its on-board depth gauge, according to National Geographic, which helped fund the expedition.

“I scuba dived down to 200 meters just before the ROV’s deployment to put in the new line for the robot to follow,” Krzysztof Starnawski, a celebrated Polish diver and the leader of the expedition, told National Geographic. “The goal was to give the ROV a good start from there to the deepest part of the cave.”

“We are 100 percent sure the measurements were accurate,” Starnawski told NatGeo, noting that the gauge was recently certified.

And the cave may be even deeper than 404 meters.

“There was a black abyss seen below the ROV when we decided to go up,” expedition member Marcin Jamkowski, a Polish photographer, told The Huffington Post in an email. “The place was full of trees, logs, branches and we did not want the ROV fiberoptic cable to be entangled somewhere.”

The explorers had to rely on the ROV for the deepest portion of the dive because those depths are beyond the safe limit for human divers, Jamkowski told HuffPost.

“There had been some dives done by the oil industry to such depths (so-called ‘saturation diving’), but they last approximately a month, surface to surface,” Jamkowski told Live Science. “This can never be done in the cave like this one, so the obvious choice was to send the robot where the man can’t go.”

Conditions in the cave make diving difficult. The water runs about 15 degrees Celsius (about 59 degrees Fahrenheit), and its mineral content can be harmful to equipment and exposed skin, Starnawski told The Associated Press.

But Starnawski has been exploring the cave for almost two decades, making a series of ever-deeper dives over the years, according to NatGeo. Consequently, he knew what kind of gear he needed to stay safe ― and how many spares to take along in case something malfunctioned or got lost.

Starnawski wore an electrically heated drysuit with a helmet, Jamkowski said. The diver also had two masks, two breathing systems, two compasses, two flashlights, three video cameras, three cutting devices and two reels of thin line.

What was it like to make the discovery and survive to tell the tale? Starnawski told AP he felt like a “Columbus of the 21st century.”

Copyright © 2016 TheHuffingtonPost.com, Inc.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“世界一深い水中洞窟を発見 「21世紀のコロンブスになった気分だ」”

チェコ東部にある石灰岩の水中洞窟「ヘラニツェ深淵」が、世界で最も深い水中洞窟であることを、チェコとポーランドの合同調査チームが9月30日に発表した。

ヘラニツェ深淵は、少なくとも水深404メートル。これまで世界一深い水中洞窟とされていたローマの北東にあるポッツォ・デル・メッロ洞窟(水深392メートル)よりもおよそ12メートル深いことになる。

雑誌「ナショナル・ジオグラフィック」によると、調査チームは9月27日、遠隔操作車両(ROV)を使って洞窟の最も深い部分まで降下していき、搭載された水深計で水深を測定した。ナショナル・ジオグラフィックは、この調査の資金援助をしている。

「私が200メートルまで潜り、あとはロボットに潜水してもらうため、ROVを配置しました」と、この調査のリーダーでポーランドの著名なダイバー、クルジズトフ・スタルナウスキ氏は「ナショナル・ジオグラフィック」に語った。「今回の調査の目的は、洞窟の一番深いところまで行けるように、ROVをうまく操作することでした」

スタルナウスキ氏は、測定が最近認定されたことについて「私たちは、計測が正確なものだと100%確信しています」と語った。

この洞窟は、404メートルよりさらに深い可能性もある。

「引き上げようと決めた時に、黒い溝がROVの下に見えましたと、調査メンバーでポーランドの写真家マーシン・ジャムコウスキ氏は、ハフポストUS版の取材に答えた。「そこには、木や丸太、枝がたくさんあり、ROVの光ファイバーケーブルがどこかに絡まないにと祈っていました」

チームは一番深い部分の潜水をROVに頼らざるを得なかった。人間のダイバーが安全に潜れる限界を超える深さだからだと、ジャムコウスキ氏はハフポストUS版に語った。

「石油会社の調査で限界までの深さの潜水(「飽和潜水」と呼ばれる)を何度かやったことがありますが、水面に上がっては潜ってを繰り返し、調査にはおよそ1カ月かかります」と、ジャムコウスキさんは、科学ニュースサイト「ライブサイエンス」に語った。「ヘラニツェ深淵のような洞窟では、まず人間が深くまで潜水することはできません。人間が行けないのなら、ロボットを送るという選択が妥当でした」

洞窟の状況は潜水するには困難なものだった。水温はおよそ摂氏15度(華氏59度)、そして水中に含まれるミネラルが、器具や露呈した肌を痛める可能性があったと、スタルナウスキ氏はAP通信に語った。

ナショナル・ジオグラフィックによると、スタルナウスキ氏は、およそ20年にわたってこの洞窟を探索している。その経験から、安全を保つためにはどのギアが必要か、正常に機能しなかったり、失われたりした場合に備えてどれだけの予備を持って行くかということを知り尽くしていた。

「スタルナウスキ氏は電動で温まるドライスーツにヘルメットをかぶっていた」とジャムコウスキ氏は語った。彼は、マスクを2個、呼吸システムを2個、コンパス2個、懐中電灯2個、ビデオカメラを3台、切断用道具を3つ、細いワイヤー2巻を携帯していた。

「このような発見をして、生きてこの発見を語れるのは、どんな気分ですか?」というAP通信の質問に対し、スタルナウスキ氏は、「21世紀のコロンブス」になった気分です、と答えた。

Copyright ©2016 The Huffington Post Japan, Ltd. All Rights Reserved.

原文を読む≫